• 日本の製造業を支援するデータベース │ エルシル

  •   日本の製造業を支援するデータベース

  • HOMETOPICS一覧 〉 正しい名刺交換の方法とは?意外と知られていないマナーをご紹介

    正しい名刺交換の方法とは?意外と知られていないマナーをご紹介


    ビジネスをしていくうえで、また新しいビジネスの相手を開拓していくうえで、名刺交換は切っても切れないものです。
    しかし、きちんとしたマナーを知らずにただ渡し、受け取るだけだと、相手を不快にさせてしまったり、教養がないと判断されてしまう可能性も。

    そうならないために、今一度きちんとした名刺交換のマナーを確認しておきましょう。

    この記事では、名刺交換の基本的なマナー、また名刺交換をする際にしてはいけないことを中心にご紹介します。


    名刺交換の方法


    「名刺交換の方法なんて知ってるよ。」と思われた方。
    本当にそうでしょうか。知ってるようで知らないことがたくさんある名刺交換のマナー。
    まずは基本的なマナーからご紹介します。

    名刺交換するタイミング


    名刺交換は、初めて合うビジネスの相手とするもの。
    ですので、商談などを行う前に名刺交換することが基本です。

    初めて訪れる会社で応接などに通されたら、相手が来る前に名刺交換の準備をしておきましょう。
    名刺をすぐに渡せるよう名刺入れから出し、名刺入れに挟んでおきます。
    スムーズな挨拶と名刺交換への流れで、相手に好印象を持ってもらうことがビジネスのスタートです。

    渡す際の動作

    渡す際の動作は、わかりやすくステップごとに下の表にまとめました。

    ステップ渡し方・受け取り方
    1名刺の準備名刺入れはあらかじめすぐに取り出せるよう準備しておきます。
    2名刺を渡す相手も名刺を差し出している場合は片手で受け取っても構いません。この場合は右手で差し出し、左手で差し出すようにしましょう。片手で受け取った名刺には、すぐに右手を添えます。
    3名刺を受け取る相手も名刺を差し出している場合は片手で受け取っても構いません。この場合は右手で差し出し、左手で差し出すようにしましょう。片手で受け取った名刺には、すぐに右手を添えます。
    4名刺を受け取った後名刺を受け取ったら、立っている間は名刺入れの上に置き、着 席する場合はテーブルの上に名刺入れ、その上に相手の名刺を置きます。

    名刺をしまうタイミング


    受け取った名刺をしまうタイミングですが、これは「その場の雰囲気をみて判断」というこ とになります。
    商談が終わりに近づき、相手が名刺をしまったタイミングで自分もしまうと間違いないで しょう。


    これはだめ!名刺交換でやってはいけないこと


    名刺交換の基本的なルールはわかりましたね。
    しかし名刺交換をする際には絶対にやってはいけないこともあります。

    ・ ポケットや財布に名刺を入れておき、そこから取り出して渡す
    ・ 汚れた名刺、折れ曲がった名刺を渡す
    ・ 名刺をテーブル越しに渡す
    ・ 相手の名刺を受け取る際、相手の会社のロゴや会社名の上に指を置く
    ・ 受け取った名刺の裏にメモをする
    ・ 受け取った名刺を忘れて帰る

    これをしてしまうと、相手を不快にさせ、せっかく上手くいくはずのビジネスも上手く行かなくなってしまう可能性も。
    しっかりと覚えておき、絶対にしないようにしましょう。

    名刺を忘れてしまったら?

    名刺を忘れるなんてことは本来ならあってはならないことですが、万が一忘れてしまった場合は、正直に「忘れました」とは言いません。
    この場合は、謝罪をしつつ、「ただいま名刺をきらしておりまして・・・」と伝えましょう。
    その場で渡せなかった名刺は、後日失礼をお詫びする手紙を添えて郵送します。

    相手が先に名刺を差し出して来たら?


    名刺交換をする際は、訪問者から差し出すのが基本ルール。しかし、相手が一足先に差し出して来たら、「申し遅れました」の一言を添えて名刺を差し出すようにしましょう。

    自身の名刺入れをまだ出していない場合は、相手を待たせないようにまず相手の名刺を受け取ってから自身の名刺入れをカバンから出します。
    名刺の準備ができたら、「申し遅れました」の一言を添えることを忘れないように。

    名刺交換のタイミングを逃してしまったら?



    名刺交換は基本的には商談が始まる前にするものですが、その場の流れですぐに商談が始まってしまい、名刺交換のタイミングを逃してしまうこともあるでしょう。

    そのような場合は始まってしまった商談を止めてまで名刺交換をする必要はありません。
    名刺交換は商談が終わり帰る前に
    「恐れ入ります。お名刺を一枚いただけますでしょうか。」
    と言って名刺交換をしても、失礼にはあたらないのでご安心を。


    正しい名刺交換の方法まとめ


    名刺交換はビジネスをしているとよく起こることです。しかしだからといって軽視し、マナーを知らないまま行っていると自身だけでなく、上司や所属する会社のイメージまでもを悪いものにしかねません。
    基本的なことであるからこそ、丁寧に行い相手に好印象を与え、ビジネスチャンスを作るようにしたいですね。





    この記事に関連するキーワード