• 日本の製造業を支援するデータベース │ エルシル

  •   日本の製造業を支援するデータベース

  • HOMETOPICS一覧 〉 今さら聞けない「リース契約」ってなんだろう?リース契約の種類やメリット

    アウトソーシングのメリット・デメリットをご紹介


    アウトソーシングとは、日本語でいうなら「外部委託」のことです。
    業務の一部を外部の会社や個人事業主に委ねることを意味し、その活用はテレワークの普及により一層重要な経営戦略の一部となっています。
    では、具体的にはどのように活用されているのでしょうか。
    ここでは、アウトソーシングの活用が企業にもたらすメリットのほか、デメリットについてもご紹介します。

    アウトソーシングとは?


    アウトソーシングという言葉自体は、「out(外部)」と「sourcing(調達)」が組み合わさってできた造語です。
    業務の一部(あるいは全部)を、外部の労働者や専門業者に委託することを意味します。
    なお、最近よく耳目にふれるクラウドソーシング(企業や個人がインターネット上で、不特定多数の人に業務を依頼するビジネス形態)も、アウトソーシングの一種です。

    アウトソーシングの対象となる業務

    従来、企業がアウトソーシングの対象としていたのは、会計・財務などの専門的業務や重要度がそれほど高くないルーチンワークが中心でした。
    ただ、最近ではそれらに加え、自社の社員を本当に付加価値の高い仕事に集中させるために、周辺の業務全般がアウトソーシングの対象となっています。
    アウトソーシングされる業務には、例えば次のようなものがあります。
    ・テレアポ
    ・カスタマーセンターの運営
    ・経理の事務処理、給与計算などの労務管理
    ・営業事務
    ・営業代行
    ・製品の製造(OEM)
    ・商品の在庫管理、梱包、発送
    ・ウェブサイトの運営


    アウトソーシングを行うメリット


    ・組織のスリム化につながる
    ・外部の専門家を活用することで、仕事の効率やスピードが上がる
    ・コスト削減につながる
    ・限られた資金、人材を最も重要なところに集中できる


    アウトソーシングを利用する際のデメリット


    ・社内にノウハウが蓄積されない
    ・適正コストの判断が難しく、余計なコストがかかる場合がある
    ・クオリティの担保が難しい
    ・情報漏洩の危険性がある



    自社で行うべき業務か、外注すべき業務かの見極めが重要


    アウトソーシングは、仕事の効率アップやコスト削減、組織のスリム化を進められるメリットもあります。
    ただし、利用方法を間違うと、自社にノウハウが蓄積されず、将来の成長に影響を及ぼす危険性もあります。
    メリットとデメリットを考慮した上で、自社に合った導入方法を検討してみてはいかがでしょうか。




    この記事に関連するキーワード