• 日本の製造業を支援するデータベース │ エルシル


  •   日本の製造業を支援するデータベース
  • HOMETOPICS一覧 〉 コロナ禍でテレワークの導入必須!?企業側のメリットは?

    コロナ禍でテレワークの導入必須!?企業側のメリットは?



    新型コロナウイルスの影響が経済の面でも影響を及ぼしていますね。政府から示された「3 密」を避けるために、テレワークを導入しようと考えている企業も多いのではないでしょう か?

    一方、テレワークを導入したいと思っているものの様々な理由から決断できずにいるという 話もよく耳にします。

    「どの業務をテレワークできるのかよくわからない」
    「企業の状況的にテレワークを導入する余裕がない」
    「テレワークを導入した後の不安が大きすぎる」

    これらはテレワーク導入を検討している企業が持つ悩みの一例です。確かに、テレワークを 導入する際には費用がかかったり、業務形態が大きく変わったりとためらう要素も多いでしょう。

    しかし、テレワーク導入のメリットがはっきりとわかれば、導入へ動きやすくなるのではな いでしょうか。

    そこで今回は、テレワークを導入することによって企業にはどのようなメリットがあるのか についてご紹介します。「導入方法がよくわからない」という方に向けて導入までの簡単な 流れも解説していますので、ぜひ最後までご覧くださいね。


    企業がテレワークを導入するメリット

    企業がテレワークを導入するメリットは大きく分けて4つあります。まずはその4つのメ リットについて順番に見ていきましょう。

    ・業務の効率が上がる

    テレワークを導入することで「業務効率が上がる」効果が見込めます。こういわれるのには いくつかの理由がありますが、その一つは社員がひとつの業務に集中しやすくなることで す。

    会社のオフィスでは、業務中に他者に用事を持ち掛けられたり、他社の営業が訪問してきた のに対応したりして、業務を中断せざるを得ないことがあります。これは仕方のないことで はありますが、あまりに中断が多いと注意が散漫になり、業務効率の低下につながるでしょ う。

    その点、テレワークでは予定外の用事が起こりにくいので、集中して業務にあたることがで きます。業務効率が上がれば、生産性の向上も見込めるのです。

    ・コスト削減になる

    テレワークは導入時に少なくない費用が掛かりますが、長い目で見るとコスト削減になる場 合も多いです。
    テレワークの実施で削減できるコストは、社員の交通費やオフィスの維持費など。社員数が 多いほどこのコストの削減は大きなメリットになります。
    また、テレワークをメイン業務形態とすることで、書類や資料の電子化を進めやすくなるの も特徴です。この場合は紙にかかるコストも削減することができます。

    ・人材確保に有利になる

    「テレワークを導入したことで、優秀な人材が確保しやすくなった」という例は、きりがあ りません。
    テレワークは社員からすると「時間を有効に使いやすくなる」というメリットがあります。
    プライベートの大切さが重視され始めている現代において、時間を思うように使いやすいテ レワークという勤務形態は、魅力的です。魅力的な企業には優秀な人材が集まりやすいた め、人材確保に悩む企業こそテレワークを導入するべきだといえるでしょう。
    また、テレワークを導入することによって、従来ならば介護や育児で退職せざるを得なかっ た優秀な人材が、働き続けることができるようになります。「抜けるたびに新しい人を採用 する」よりも、優秀な人材に長く働いてもらう方が、教育コストを下げることができますよ ね。多様な働き方ができることは、社員にとっても企業にとってもメリットになるのです。

    ・これからの時代を生き抜いていける

    2019年以前から、テレワークを導入することで災害時も、社員がそれぞれの場所で働ける ため、事業を継続しやすいということがいわれていました。
    そして、2020年の感染症の流行。一度流行してしまった感染症は、過去の例を見ても終息 までかなりの月日を要するようです。企業はこれに対応した新たな事業モデルを打ち出す必 要に迫られるでしょう。社会の様相が大きく変わったいま、3密を避けつつ業務を継続して いくための一つの手段として、テレワークが推奨されています。


    テレワーク導入の流れ

    テレワークを導入するメリットを踏まえて、いざ「導入しよう!」と思ったとき、何から始 めればいいのかご存知ですか?
    ここからはテレワーク導入の流れについて見てみましょう。

    ・目的を決める

    テレワークを導入する際は、テレワークで何を実現したいのかを決めておく必要がありま す。目的は「業務の効率化」や「福利厚生としての導入」など、企業によって様々です。

    ・現状を分析する

    テレワークを導入する際は、テレワーク導入プロジェクトのチームを作って話を進めていく 企業が多いようです。ここでプロジェクトチームがまず行うべきは、現状の分析。どの業務 でテレワークが可能なのか、テレワークの具体的な形態はどうするのかなどを検討します。

    ・サポート会社に相談する

    テレワーク導入の方針が固まったら、テレワーク導入のサポート会社に相談しながら実際の 業務に取り入れていきます。テレワークの導入は、場合によっては国や自治体から補助金が 出る場合もありますので、それもあわせてサポート会社と相談しましょう。



    この記事に関連するキーワード